FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケ落選

 コミックマーケットは落選しました。私の人生のようです。そううまくはいかない。

 初参加を企み、3連続落選を果たしました。昔「落ちた、落ちた、綺麗に落ちた、落ちたら渋谷ゼミナール~」というCMがあったんです。知らないですか。そうですか。どうせ年寄りです。

 ともかく3連続落選したので、次回当選確率が上がるはずです。この救済措置がなんぼのもんなのか、必ず当たるのか確率がちょっと上がるくらいなのか謎というほかありません。しょせんピコサークルの去就などどうなってもよろしい。ええそうですとも。

 なんというか最近忙しすぎるので逆に安堵しました。いいのかそれで。まあ夏が過ぎれば会社も少し暇になる予定なのですが手が空くと別の仕事が割り込んでくるのが世の常。結局人生なんてそんなものです

けんたのパパ(pixiv再録)

pixivで発表した作品ですが、pixivは会員制で読めない方もいらっしゃいますので、こちらでも公開することにしました。18禁、タルショタ注意。


-------------------------------------------------------------------
 けんたのパパは、保育園を出てもお家の玄関の扉を閉めるまではせっくすの話はしてはいけないよ、と言う。けんたはときどき口をすべらせてつねられる。でも何回かつねられて、けんたはちゃんといいつけを守ることができるようになった。
 保育園からの帰り道、これからすることを考えるだけでけんたのズボンは前がパンパンになる。でも扉を閉めるまでは絶対になでなでしてくれないんだ。けんたは待ちきれなくて、自分でいじろうとするけどそれもパパは駄目だという。
 でもパタンと扉を閉めるとパパはすぐにけんたのおちんちんをなでなでしてくれて、それが最高に気持ちいい。ズボンはまるで汗をかいたみたいに湿っているけど、パパが言うには汗じゃないんだって。かうぱーとかいうらしい。それがとってもいい匂いなんだって。パパはけんたのお股にズボンの上から鼻を押し付けてすーはすーはーして、その頃にはパパのおちんちんもおっきくなってるのがパパのスーツのズボンの上からもわかる。
 初めてパパのおちんちんを舐めた時は、正直言ってあまり好きな味じゃなかった。でも、今では大好き。昔はニラっていうお野菜が食べられなかったけど、今は食べられる。それとおんなじだと思う。頑張って食べれば好き嫌いがなくなって、好き嫌いがなくなるとおいしいものがどんどん増えていく。パパのおちんちんは、お風呂に入った後より前のほうが、ちょっとおしっこみたいな匂いがするけどそれがかえっておいしいんだ。だから、けんたは寝る前のせっくすも好きだけど、帰りたての今のせっくすが一番好きだな。
 パパは息を荒くして、けんたのズボンを口でくわえて引き下ろす。その時にぼくのおちんちんはびょんと跳ね上がる。その瞬間の刺激が好き。それをすぐにぱくっとのみこんじゃうパパの口のなか、あったかくて好き。口のなかでパパのベロが動くその動きが好き。けんたのおちんちんは爆発しちゃいそうになるけど、爆発の手前で止まる。それで、けんたの乳首のほうへベロが進んでゆくけど、服をめくるのにパパはなぜか手を使わないんだ。けんたのお尻をずっと支えてて、唇で服をめくっていく。そのほうが、けんたも身体が熱くなって嬉しいけど。
 初めて爆発した時、けんたは頭がおかしくなっちゃったのかと思った。でもくらくらするその気分は、何回かやるとサイコーのものだってわかった。最初のうちはおちんちんでしか爆発できなかった。でも、今みたいに乳首とかを攻められると爆発の予感だけがして、そこにいくまでがゆっくりになって、なんだか楽しみだな、ていう気分を味わう余裕が出てくる。実際、最近は乳首だけでも時間をかければ爆発できるようになってパパに凄くほめられた。
 ここまでずっと玄関でやっていたけど、パパはけんたを持ち上げてベッドの上に連れてった。けんたとパパがいつも一緒に寝てるベッドだよ。昔はママも一緒だったらしいけど、今けんたのうちにママはいない。どうしてだろ。
 けんたは上をすっぽり脱がされて、パパも全部脱いで、パパのおっきなおちんちんがギンギンに上を向いててけんたはうわあ、って声をあげた。しゃぶりたい! けんたはパパに突進して、魅力的なおちんちんにむしゃぶりついた。手でさわるだけでビクンビクンっていうそれはとっても熱くてぬるぬるでおいしい。パパはけんたのかうぱーが最高だというけど、けんたはパパのかうぱーが最高だと思う。結局大好きな人のかうぱーが一番なのさ、そう言ってパパは笑ってた。
 パパのおちんちんの先にはピンク色の丸くて割れ目があるのがあって、けんたにはない。でもけんたにもあって、それが隠れているだけだってパパは言う。一度剥いて見せてあげるよ、とパパが言った時があるんだけど、痛くてやめてもらった。だからけんたはけんたの丸くて割れたやつをまだ見たことがない。おっきくなれば見られるのかな。
 けんたはその割れ目に沿って舐めるのが大好きで、そうすると次から次へとかうぱーが出てきてちゅうちゅうと吸っちゃう。とってもおいしい。
 パパはけんたの頬を手に取ると唇にちゅうしてくれた。けんたはちゅうも好き。パパのベロがけんたの口のなかをお掃除してくれる時の泡立つ音、好き。パパのベロの味、好き。
 けんたは少し下にいってパパの胸に抱きつく。パパの身体の筋肉は物凄くかっこいいと思う。お腹を舐めると、六つに割れた腹筋の谷間にけんたのつばが溜まってゆくのが面白い。でも、けんたのつばは、抱き合ってお腹をこすり合わせる時になるべくぬるぬるするようにするのが一番大切だ。ぬるぬるすればするほど気持ちいい。
 けんたはまたパパのおちんちんを舐め始めると、パパも自分のおちんちんに手を添えてこすり始めて、出すぞ、と言う。かうぱーじゃない、もっと白くて濃い奴の味に慣れるのは、おしっこやカウパーに慣れるよりももっと時間がかかったけど、頑張ったから一番好きになった。けんたの口の中があふれていっぱいになってごっくんした。のどがちょっとイガイガするけどごっくんすると凄く興奮するんだ。
 少し休憩した後、パパのおちんちんはもうすっかりギンギンに復活していた。パパはけんたのお尻に指を伸ばしてきた。この間教えてもらったばかりのやつだ! あれはちょっと痛いけど今までと比べ物にならないくらいのとびっきりの気持ちよさだった。何しろパパとひとつになるんだもん。けんたはそのときはわんわん泣いたけど、それは痛くて泣いたんじゃなくて気持よすぎて泣いたんだって、後から思い出してわかった。
 パパはけんたのお尻をほぐして、すぐに三本入るようになった。まだちょっと痛いけど、これからの天国を思えば我慢出来る。パパはけんたのお尻におちんちんをあてがって……そしてゆっくりと、けんたの腰に手を回して沈めてゆく。お尻はもちろんのこと、パパの手が当たっている腰までがとろけそうに熱い。
 どうだ、全部飲み込んだぞとパパは言うけどけんたには自分の後ろは見えない。ただすっごく気持ちよくてけんたは手足をめちゃくちゃに振るとそれだけでいいところに当たって、どんどん爆発が続く。ああっ、ああっとけんたは大声を上げてしまうけどパパはもっと声だして、とささやく。スゴイ。スゴイよパパ。どうしてこんなにスゴイ魔法が使えるんだろう。パパはやっぱり凄いや。大爆発。超爆発。お尻の中に滲み出してくるのを感じるとパパもううっ、と声をあげていた。

 次の日も朝のせっくすをしていたら、お客さんが来たのでパパはけんたに服を大急ぎで着せて、パパも服を着て玄関に行った。
 知らないおじさんがやってきて、けんたをパトカーに乗せてくれた。パパと一緒に乗りたいといったけれどそれは駄目だと言われてがっかりした。でもパパも別のパトカーに乗ってるんだって。
 生まれて初めて乗るパトカーは面白かったけど、じきに下ろされちゃってなんか大きな建物みたいなところに連れて行かれた。パパのことをいろいろ聞かれたけど、玄関の中じゃないからせっくすのことは絶対に言わなかったんだ、偉いでしょ。そのかわりけんたがどれぐらいパパのことを好きかって話をいっぱいした。どんなところが好きなの、って言うからなでなでしてくれること、と答えるとどこをなでなでしてくれるの? と聞いてきた。せっくすのことは言わないけれど、お股をなでなでしてくれると答えるのはせっくすじゃないから別にいいよね。
 早くうちに帰りたいな。それでパトカーに乗ってどんな風だったか話しながら、お尻におちんちんをぶっすり入れてもらうんだ。

平常運転

 いつも通りやる気がありません。順調です。仕事も順調に遅れています。

 新刊は売れません。生きていて良いことはない。

 人参を生で食らいました。生人参とご飯と味噌汁だけの夕食です。昼飯を食べ過ぎましたので。


 ……とここまで書いたらなぜかミスタイプか何かで本文吹っ飛びました。
 思い出しながら書きました。そこまで再現するほどの内容であろうか。

 まあいいさブログなんてそんなものだし

デジケット販売開始「アインシュタイン・ボウイ」

 というわけで拙作が販売開始されました。
[自乗の地平] の【アインシュタイン・ボウイ】
 まあでかでかと書いてある内容の通りなんですが、彼の出生の秘密とか仕掛けがしてあってストーリー上も楽しめる感じに仕上がったかな、などと思っております。

 今回は体験版も用意しています。

 まあ気が向いたら買ってやって下さいまし。


 ところで閑話休題。
 
 「カリフォルニア産コシヒカリ」などという怪しげなものを値段に釣られて買ってしまいました。

 炊いてみました。

 ……何も言うまい。これを5kg……

 いや言わせてくれ。

 何か黄色いんだよ。匂いも変なんだよ。

 やはりコメは品種だけでは決まりませんねぇ。

しょたふる! 終了しました

 しょたふる! 終了しまして、何とかギリギリ新刊完売を果たしました。あと既刊も一種類完売しました。

 相変わらず通常のショタオンリーのごとく、最初のうちにどっと人が(他のサークル様に)殺到し、後半はのんびり、というパターンでした。

 しかしどうにも他の既刊は余って余ってしょうがないのです。なんとか売り切りたいものですが私に実力が無いせいです生きていてごめんなさい。通販でも始めてみようかなぁ。もっと爆死しそうですが。

 まあ今回の新刊も例によってデジケットに申請済みですので、そのうち登録されるでしょう。さっきまで爆睡していました。しかし今も眠い。寝過ぎて眠い。そんな中私は塩鯖焼いてます(脈絡不明)。

 そしてGWは終わり。明日からまた会社が待っています、うわあああ

しょたふる! 参加します

 5/5は新しいショタオンリー同人誌即売会、「しょたふる!」に配置「理-20」で参加します。

 新刊は前述のアインシュタイン・ボウイという小説になります。

 pixivへのリンクを張っておきますが、表紙はこんな感じ、サンプルはこれです。

 それはともかくですね。

 寒いんです。

 いや全然話繋がってないんですけどね。

 5月だというのに半纏着込んでます。

 どうすんのよこれ。

 その反動で性欲の熱気ムンムンのお客様が押しかけて下さることを願いつつ投稿ボタンを押そう。
プロフィール

Sの自乗

Author:Sの自乗
デジケットpixivで下品な小説やら漫画やらイラストやら公開中。
ショタコンでストライクゾーンは下限なし。
なぜかヲタのくせにスキューバダイビングができる。


最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
デジケットにて販売中
小説作品 漫画作品
諸旅(ショタビ)の鏡
[自乗の地平] の【諸旅の鏡】
ぷり・ぺあ
[自乗の地平] の【ぷり・ぺあ】
共・有・空・間
[自乗の地平] の【共・有・空・間】
恋と5年とおっちゃんと
[自乗の地平] の【恋と5年とおっちゃんと】
陽太シリーズ
[自乗の地平] の【陽太くん物語(1)】
タルガキ!
[自乗の地平] の【タルガキ!】
赤い縁が色帯びること
[自乗の地平] の【赤い縁が色帯びること】
アインシュタイン・ボウイ
[自乗の地平] の【アインシュタイン・ボウイ】
デジケットショタ小説週間ランキング
デジケットショタ作品全般週間ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。